金属顕微鏡

ポチってしまいました・・・
カズケン師匠の一声に・・・
操られてしまいました・・・

ついでに腐食用の○酸と
エチルアルコールも・・・

押してしまいました
画像はまた




でも・・・
見えるんですw

焼入れ前の鋼のフェライト?とかが
見えるんですw
焼入れ後のマルテンサイトも
見えるんですわ~


桜子もジックリ観察してみましたが



そんなに酷い組織じゃなかったみたい・・・


冷却ムラ、加熱ムラが大きな反りに繋がって
叩いて直したのが割れに繋がったのかも・・・




画像は乗せても見にくいから
気が向いたらUPしま~す


訂正:じっくり観察したのは
桜子では無く、以前作ったアジ切りでした。
スポンサーサイト



生唾ごっくんな動画と箱はルンルンダー


もぅね~~~
たまらんっす!

能書きは要らないっすよね
先ずは昨日発見した動画
「あんた・・・今頃見つけたんかい( `ー´)ノ」って言われてしまいそうですが、ちょっと感動したもんで
思わずUP



って・・・
これでUP出来たのか?
また、勝手にUPしていいのか?
ダメなやつだったら教えて下さいませぇ~

この動画、左久作さんの鑿制作過程を紹介されていて
最後の砥ぎまで見れるのが凄いです
さらに~レポーターかな?の女性の終盤のコメントが!!!!
ハッキリ言いますと
感動して泣けてしまいましたわん(T_T)

ナベキチ実は・・・・
感動すると泣きますw

ドラマなんかでも偶に泣けてしまいますw
それ見て嫁キチは『また泣いてんのアハッハー』って笑ってます
血も涙もない笑いですな・・・

まぁでも~
嫁さんの笑顔は安心しますがねw
動画まだ見てないわーって方は是非最後まで見て下さいませ

それとねーーー
グフフフ( *´艸`)
これまた溜まらん品物が~~~~( *´艸`)

イメージ 1

(ΦωΦ)フフフ…

ハコ💛
溜まりませんです!!(´艸`*)
イメージ 2

どぅ?
たまらんでしょ(ФωФ)フフフ・・・
パチコ兄ぃの箱(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
あーーーー溜まらん!

これにー♪
これがーーーー
こーーーーーーーーなってーーーw
イメージ 3

うっは~
これ一流品に見えるやんw


これは道具箱タイプ(´▽`*)

イメージ 4

イメージ 5
蓋を重ねて~
上に引き上げれば~♪
イメージ 6
蓋がロックされてさぁ~

あ~たまらん(*´з`)
大工さんって良いなぁ~
凄いな~

でっ・・・でも
ハコの数と小刀の数が・・・


箱に見合う物を頑張って作れっ!って事ですね
頑張りますわ~w

まぁ
ボチボチやけど~~~

ほんと溜まらんっすよ
パチコ兄ぃ ありがとうございます(`・ω・´)ゞ

奇跡の一本量産できるようにボチボチがんばりま~ルンルン

桜子の素顔が明らかに???

行ってきましたぁ~
見てきました~
覗いてムフムフしてきちゃいましたー|д゚)
桜子の表面を腐食させて表面組織を金属顕微鏡600倍率で
確認しちゃいました(⋈◍>◡<◍)。✧♡
表面の腐食には本来なら硝酸をエチルアルコールで希釈したものや
硫酸とか~
グリセリンとか~
等など劇薬~爆弾作れそうなやつ等を使うようなんですが

そんなものナベキチ手に入れられません(`・ω・´)

手元に有った塩化第二鉄溶液とかなんとかいうのを使いました
銅板のエッチング💛(ぐふふふふ( *´艸`)エッチングやてwww最中か!w
に使う液体なんですが
焼入れした炭素鋼を浸して腐食させると
焼きの入った部分は腐食が薄く
焼きの入ってない部分は深く腐食するみたいで
刃紋をハッキリさせたりすることが出来るみたい
でも処理後きちんと中和しとかないと腐食は進むみたい・・・・・・・・・
(えとーカズケン師匠ぉ~あの剃刀中和してません><)
 (m´・ω・`)m ゴメン…


カズケン師匠ありがとうございました~♡

表面600倍拡大画像はこんなんでした~

腐食前
イメージ 1

腐食後
イメージ 2

えっとね!
顕微鏡の接眼レンズ越にデジカメで写真撮るのは難しいんです^^
肉眼ではもっとキチンと見えてました~
上記超小文字で書いた
カズケン師匠の剃刀ならどのように腐食されるのかも
確認のために腐食液をベタベタと( ´∀` )
その後覗いた景色は~
綺麗かったぁ~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
そんな違いも写真では分からないうえにー
からの~
写真とりわすれー(^^♪

あまりにも寂しいので
帰ってからUSBデジタルマイクロスコープ230倍で
覗きなおしちゃったのね~ん
やっぱ
倍率低いわー
でも腐食の進行具合の差が有ったみたい
先ず、違いがわかりやすい3か所をマーク
イメージ 3

付箋を矢印状に切ってそれぞれの先端部分を覗き込んだー
先ずは白色の付箋のポイント
イメージ 4
割れ筋際の刃先より峰側
茶色っぽい点々が腐食されて錆となった部分

次は
黄色の付箋のポイント
イメージ 5
腐食が多く細かい孔状と少し大きな孔状の錆が混在してるー
さっきの部分とは違うのがよくわかる

最後に緑の付箋のポイント
イメージ 6
あえて割れ筋際を拡大してみたんですが
全く同じ倍率でも、ここは腐食の円形が大きく
割れに沿って並んでいるように見える・・・



だからどーやねん???

そやねん・・・・
これだけでは違いがある事しかわからんねんなー

しかも
腐食液はチッシュに浸して
シュシュッシュー~って塗りつけて
斑もクソも有ったもんじゃない

それ以前に、本来金属組織を観察するには
一度鏡面にに磨いて凹凸が無い状態から
腐食させるものみたい

いやね
ナベキチも頑張って鏡面近くまで磨いたんだ
でも
時間には限りがあるもん
そんな中での組織の確認だったんですが

カズケン師匠の剃刀は
その場でピカール塗ったバフで一部だけ鏡面

桜子より傷が多い状態だったけど
もっと綺麗だった
ハッキリと違いは確認できた

桜子はたしかに荒かったような・・・
違いはあった・・・


もぅちょっとモガイテみることにいたしやす(´◉◞౪◟◉)





お片付けー

朝から頑張って仕事して
早く終わったんでー
昨日の焼入れなどで散らかった物などを片付けたり
砥ぎ場の棚を作ったり

イメージ 1

シンクの下に棚設置~
からのー

イメージ 2

イメージ 3

上にも棚ーーー


後少しだけ小刀の刃付けを少しした後、事務仕事とムフフな動画を閲覧したぜ!

明日は雨ぽい
少々なら仕事するけどー
しっかり降ったら仕事にならない

中止になったら
金属顕微鏡でアソコを覗きに行くぜー

今からヨメキチさんと王将だー
焼きそばと餃子と焼き飯と
小エビの天ぷらと鳥の唐揚げ
食ってきやーーっす(笑)

桜子大破!

あのー
そのー
まぁ言葉もありません!
見て下さい

イメージ 1

桜子大破です・・・
焼きあがって表から叩いて反りを直してー
ベルトで裏隙き整えだしたら・・・😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭

パッキパキでした
写真でも割れが見えると思いますが、映ってない割れもあります

最悪です(涙)

原因はなんだろ?
引き上げが遅かったのか
温度が高すぎたのか
叩いて無い部分も割れてるので
叩きが原因でほ無さそう・・・

まあしかしパッキパキです
やり直し決定です

あらら・・・大安明日やん^^;

1日早かったー^^;
大安明日やったー(ㆀ?・з・?)
チャレキチ早まったか?
でも、明後日は朝早いしー
明日は仕事軽めやしー
時間を気にせずジックリ焼入れ出来るのは今日しかなかったのよん

だから
焼入れしてましたー🔥

イメージ 1


対象物は小刀三本と再焼入れの小刀一本と
満を辞しての桜子🔪

イメージ 2


砥の粉を塗ったら

先ずは桜子から~

イメージ 3


その後小刀達を~

イメージ 4


で!一気に焼きあがり~🔥
桜子の表

イメージ 5


桜子の裏は撮り忘れたー(^_^*)

小刀達の裏

イメージ 6


ようやく気付いた事が1つ!
今まで全ての小刀に共通して
刃先の顎、峰側が焼入れ前と比べると裏の当たりが広くなる

縦方向は鋼側に歪んでも良いように地金側に少し反らせてから焼入れしてるけど、横方向の反りや歪みについては考慮してなかった
次回からはその辺りに注意して
熱処理しましょうね(^。^)
鑢での硬度チェックは
焼き戻し後、全て良好
刃付けが楽しみ~(*´∀`*)

チャレキチの経過~🤗

ちょっと仕事が詰まり気味で
可愛い鋼君と戯れる時間が
少なくなり気味でなんです。

でもでもー、仕事帰ってきてから
少しの時間でコツコツと
いくつかのブツの焼入れ準備を進めてます(笑)
そんな中の1つ!
せいさんに送りつけ決定してる桜子の経過を少々紹介します
表からはこんな感じになりました~

イメージ 1


そして裏

イメージ 2

カイサキが汚いけど、どーしよかなぁ
まだもう少し裏すき整えたいから
少し削れば、少しはマシになるかも・・・
たいして変わらんかも~😄

峰から

イメージ 3

峰の顎側で厚みが約3.2ミリ
切っ先から3センチ程入った峰で
2.2ミリ程
顎側の峰がまだ厚いかなー?
でも、またまたしてると桜の季節終わってしまいそうやしなー

まぁ包丁練習第2号やし

せいさんって懐の広い人らしいし

更に、砥ぎの技術が物凄い高いし

少々変な形でもカッコよく出来る
らしいし

男前やし

どーもないやろなぁー

ねーせいさん!

チャレキチの自由帳❤

今日は確定申告の書類の作成
電子申告と言うものも出来るようだけど、せっかくパソコンで打ち込んだのにもかかわらず
何故か毎年税務署まで持って行く

そこで記載漏れや、添付書類の不備が無いか確認してもらわないと
嫌なのだー(笑)

毎月の収支や経費などは
ヨメキチ様が準備してくれる
チャレキチはそれをパソコンで
記入して行くのだが、
天下のヨメキチ様でも
記入間違いがあったりするのよ
それと、意味不明な貸借対照表?
まぁ、毎年その辺りで手間取って
ヨメキチ様にいちいち確認したりして大変なんだー😹

だからここ数年は
パソコンの前にヨメキチ様と
チャレキチが2人並んで
あーでも無い
こーでも無い
あーーーもぉ!違うやん!
とか言いながら、やっている
そして毎年険悪な空気が漂うのだ

しかーし!
今年は違ったー
意外なほどスンナリ出来たのだ!
ナベキチやれば出来る子なのだー



時間が出来た😄

なら、やる事は1つ!(◎_◎;)
ヘンテコな形になってしまった
アヤツを如何に形作るか!
そこにチャレンジだーーᕦ(?_??)ᕤ

まず、じっくーり眺めるー
上から下まで、横むけたり
縦向けたりしながら
舐めるように見る👁

結果、厚みはまだ叩き伸ばせる分が残っている~
だが、残念な事に鍛接し直した
切っ先付近は、鍛接出来てない!
少しだけだから
切り落とす事にした(笑)

切っ先付近の変な所と
中子の鍛造のために顎部分に切り込みをいれて~

少し伸ばして、中子を作り始めたところで写真を思い出したー^^;

イメージ 1

表は

イメージ 2


なんだか形はましになったけど
中子が・・・
危ないんだ!^^;

イメージ 3

千切れそうなのねー( ´Д`)y━・~~

どうも刃渡りを縮めて
顎を切り欠いて中子の長さを稼ぐか、
必殺の溶接で肉盛って補強するか
どっちが良いかなー?
長さ的に溶接っしょ😄

どうもこれは嫌がらせBOMになりそうね❤

うんんーーーん!
伸ばし方上手くならないと
どーにもなりませんな
やっぱり小刀の基本の鍛造を
もっと練習するべきですね

まだまだチャレキチは続きますよー🤗

ビロビロー👅

先日のアジ坊が一応形になったんで味をしめて、今度はもう少し長い物を作りたいと・・・
アジをしめたアジキチです😄


っと言う事で新たな挑戦を始めています。


は・・・
縦方向に伸ばす練習~

これが結構難しくて
鍛造始めの最初からの課題でありました。
最初からの課題と言っても
鍛造始めてから3ヶ月ですがねー
(笑)

ただ、、ナベキチみたいなモンでも、どう考えても横に伸ばすより縦に伸ばすのは難しい・・・

頭で色々考えても
手順が見えない・・
これは鍛接より手強いかもねーのねー

つーーーことで
アジキチ改め、チャレキチ!
考えてわからない物は
やってみるしかない!
『何度でも失敗すれば良いさ』
それしか無いよねぇー😄
いつか成功する日を夢見て
全力でチャレンジダダダダダッー

チャレキチ?
そう!チャレキチ良い響きだー
チャレキチの自由帳に変えよっかー(笑)

てな
ことで
これまた写真がないんですが
地金は幅28ミリ、厚み9ミリのss400、鋼は長さ90ミリ、厚み4ミリの片刃包丁仕様に叩いて整形した
いつものsk3!

ナベキチが何故ss400とsk3にこだわるのか?
それは、余り物だからです😄

上手く完成するか、失敗して
誰かに嫌がらせBOMになるか~
そんなレベルなんで、貴重な地金や高価な鋼はとても使えません

ただsk3の炭素量は
白紙2号あたりとほぼ同じ炭素量で
リンや硫黄が多いみたいやけど
練習の為にわざわざ買わなくても
近い鋼材があるのならこれで手応え掴めば良いやんかー
鍛造時の硬さや伸び方なんかが
似ているんじゃないか~

って事で、ss400とsk3を使ってまーっす

sk3で上手く熱処理出来たら
硬度はしっかり出るんで

上手くできたら一応刃物になりそうな工具鋼なんですよー
刃物用の鋼が存在するわけだから
それに比べると劣るんでしょうけどー^^;

つーーーことで
初めての9センチの長さの鋼の

からのー
鍛接!
なんとか鍛接出来たみたいなんで
目標ながさ21センチ
を目指して鍛造開始したー

イメージ 1

・・・・・。

そやねん・・・
やっぱ伸ばすのは難しいかってん
無理やり切っ先部分を形作ろうと叩いてたら・・・

鋼が剥がれて来たのよー

だから、その部分だけ再度鍛接したら~
やっぱり横に広がってさ
なんだか○べっ痴さんの得意な形になってきたー😍
横に広がった分
縦方向に伸ばせ無くなって

包丁として形に出来そうな長さが
ギリギリ18センチあるか?無いか?
峰側の写真

イメージ 2


峰側の厚みがもう少しだけ伸ばし代有りそうなんで、できるだけ伸ばしたいのですが、峰を叩くと
切り刃側に曲がる、
でも、切り刃側はそれほど厚みが残って無い~^^;
となると
峰側のRがキツくなって
そのままだと鎌のような包丁になるー

つーことで鎌に変更しようかしら😍
ちなみに表側

イメージ 3


それとオマケに
耳巻きチャレキチの小刀と
基本の練習の小刀

イメージ 4



んーーーーー!
面白い🤣

チャレキチは続く~

answer~🤗

先日のクイズの答えでーっす

イメージ 1

答えはホウ砂を焼き始めて膨らんできた所の写真でしたー

イメージ 2

↑更に膨らんだ所

軟鉄と鋼を引っ付ける時に使うんですが、焼かずに使うと画像のように膨らんでしまい
軟鉄の上に乗せた鋼が浮き上がってズレてしまうんですねー

1度焼ききってしまうと水飴のようになってしまいます

イメージ 3


これを乳鉢ですりつぶして

イメージ 4

イメージ 5

金肌とホウ酸と混ぜ合わせて
鍛接剤として使います

あ!
まさやさんとこに送ったやつ
焼いてないヤツです😄
気をつけて使って下さいねー

それと
再焼入れしたアジキリ包丁

イメージ 6

尚さんから頂いた包丁の柄をすげてみました。
まだ砥ぎが足りませんが
意外とキレキレっす!
早速今日アジを開いたりしてみました~
アジの骨は柔らかいっすね
切り取り線の付いた紙切ってるような感じで綺麗に切れました

堪らんっす😄

プロフィール

ナベ吉

Author:ナベ吉
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR