検証結果キチ~!(^^)!

今日は友引でした~
変態友達?変態のパイセン?
と共に朝からトンテンカンテン♪

ってことで
本日はトモキチっす(笑)

そぅ!今日は変態刃物好き砥ぎ師匠の楽園さんが
先日の宿題を持って回答を探しに来られました~

幾つか新しい発見も見つけられ
本当に有意義な時間を過ごせたトモキチです(V)o¥o(V)

今日の楽園さんはってました!
ご本人曰く『ちょっとイメージトレーニングを寝ながらしてきましたよぉ』
って事でしたが、
それホントかな??????
だって鍛接3本、すべて成功っすよ!
10割打者っすよ
ちょっと怪しい耳巻きあったかもやけど('◇')ゞ

なんせ失敗が無かった!
だから時間に余裕が有り過ぎた~(笑)

宿題の小刀の焼き入れまで2~3時間取れそうなんで
包丁にも挑戦されてました~(^^♪

といっても
初挑戦という事でもあり
失敗を前提にして地金はSS400、鋼は余りもののSK3っす
鋼のSK3は長さ約7㎝で厚みは約3.5㍉ほど
目標は短めの柳葉包丁の形にする事
としてやり始めたんですがぁ~

ノッテルんですねーこれが!

ビックリするほど綺麗な鍛接でカイサキもナカナカの仕上がり・・・
その間ナベキチは自分のアジ切の再焼入れの準備で
ホッタラカシにしてたんです(爆笑)

さてさて どーなったやろ?って思ってチラッと覗いてみたら・・・

あれ?
ちょっと

完璧すぎるやん!
ってヤツでした。
ご本人は『この辺付いてないんかな?』と心配されてたりしましたが
ナベキチからしたら
「たぶん大丈夫やし~その部分はダメだったら切り捨てても問題ないし~」
って感じでした~

でも、一抹の不安もある事なので
念には念を入れて、不安な部分に鍛接材ねじ込んで
再度黄色くなるまで加熱してもらった~🔥

なんだか今日は火床の機嫌が良いようで
オバーヒートまで上がらず
その部分だけが黄色味かかった状態でトンテンカンなんですわ

神降臨っすね!
って言っても写真無いんです・・・
楽園さんが撮られてるかも知れませんが・・・

なんせナベキチ、アジ切に必死だったもので~( *´艸`)

とは言え
画像無さすぎるのもアレなんで

楽園さんが小刀作ってる時の
地金を切断してるカットを
イメージ 1

イメージ 2
鏨で切り込み入れて金床の角や平面を上手く使いながら
あっちにコネコネ
こっちにコネコネ
してはったw

ホンマはどっかでやってきたやろ~?w

って本気で思うぐらいの手つきでしたよ~



まぁ
そんなことはサテオキ!

アジ切の再焼入れの検証結果を見て下さい!

今までの内容は右から左でw

重点課題の切っ先3センチ

イメージ 3

まだ砥ぎ切れて無く写真見にくいかも知れませんが
先日の状態とは一転しました!!!

おそらく再焼入れ成功です( *´艸`)
鑢で擦っても
しっかりと滑ってくれましたぁ~

ただ、やはり予想通り2まわり程厚みも刃幅も小さくなってしまい
おまけに熱処理の影響で歪みが出たのもあって
こまごまと歪み直しをしてみたんですが
直し切れなくて、更に
これ以上裏スキを削りたくないのもあって
裏は↓のような状態になってしまいました

イメージ 4
顎部分が当たってないのは
峰の顎側が高すぎるからかと思いますが
太い裏押し・・・

イメージ 5

もう少し表の切刃を砥いだら
裏も少しは細くなるでしょう

でも、これ以上鋼を削りたくないので
少々不細工ではありますが
この辺りで完成させていきますね~

イメージ 6

全体的にはこんな感じです

結果!
脱炭ではなく、単なる加熱不足に依る焼き入れ斑ということと
一旦結論付けますw



今回、本当に勉強になりました
助言頂いた方々、ほんとうにありがとうございました
少し安心したというか
そうそう簡単に脱炭しないような気がしてきましたw
安心しすぎかも知れませんがね~

また、この身幅で焼き入れ斑が出たということは
確認していた部分の焼き入れ温度はかなりギリギリの低温だったのかも
と感じました。
その温度でむらなく加熱出来れば匠になるかもしれませんね~w

ってことで
この苦労や楽しさを共感できるトモダチを
少し増やしたいな~っと

心底感じたトモキチの研承結果でしたー




~~~追記~~~

楽園さん!今日はすさまじかったですねー
ハットトリックですね
東京オリンピック出場決定しました!
また、お越しになる時いつもいつもお気遣い頂き
感謝ばかりです
今日も飲み物やタバコなど肺炎にさせる気か?!と思うほどの数量をありがとうございますw
なにより
イメージ 7

これほどの差し入れには心底感謝感激ですw
ほんとうにありがとうございます
これを使ってさらに色々挑戦していきますねー

ちょっとクイズ
↓の写真なにかわかりますかな~

イメージ 8

答えは
次回の記事で発表します
憶えてたらに限る)

では、おやすみなさ~ぃ(つ∀-)オヤスミー





スポンサーサイト



アマキチっす( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

あまかった~
先日から砥ぎ始めた鯵切り包丁

なんかオカシイ?と思いながら
砥いでたんです・・・

何がオカシイのかと言いますと
音と滑り方が切っ先から4センチ程までと以降顎までが違うんです。

最初は、平面が出てないから
点で砥石と当たってる部分が
かかりがキツイからだろうと思い
ずーーーーっと
面がでるまでもう少しと思いながら砥いでいたのですが、ソコソコ面出てきたハズなのにいつまでたっても抵抗があるのー

オカシイなーと思いつつ
研承#1000から
キングハイパー#1000へ移行
その後、天然の中砥で鋼をハッキリさせようとしたのですが
切っ先から3センチ程が
地金と変わらないくすみ方・・・

えーーーえーーー!
なっ!なんでーー?
ってパニックになって
写真とるのも忘れて
必死で~~
でも、ダメでした~🙅
その部分は地金と変わらない硬度で、返りもビラビラで取りきれなく、無理やり刃付けて紙きったら
紙に負けてギザギザになってしまいましたー
せっかくここまで砥いだのにー

イメージ 1


原因は、脱炭かor焼入れ不良か?
これは1番気になる所なんで、ふた回り程小さくなってしまいますが再度刃を、落として焼入れし直して検証します!
ペラペラ部分重点に焼入れしなおしても硬度が足りなければ、脱炭してしまっているという事になりますねー
近く検証しまーす

こんな結果で余りにも寂しかったので、新たに小刀火造りしましたー

イメージ 2

コバの面が少しマシになったようです🤗

でも、予定まで長さが伸びてません^^;
厚みのムラが影響してそうです
もう少し厚みを、調整して伸び切らなかったら諦めます(笑)

そんなアキキチは
少し体調崩してます😆
腰と膝と左肩と左奥歯が痛い
季節の変わり目に
この数年、からだがついていかなくなってるのを感じながら
布団に入ったアキキチ
明日は何時に目がさめるのだろう

最近アベレージは5:36分です😴💤

ちょっと研磨~💕

昨日の鯵切り包丁もどきを
ちょっと削って整形してみました

ベルトサンダーでこまめに冷やしながらガリガリーっと

イメージ 1

中央部にアイケが出ましたー😆

ある程度形になってきたので
ここからは砥石でー♫
まずは、ニューケント#1000で
少し擦ってから
ここぞと!研承#1000硬口を試してみました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

イメージ 3

イメージ 2


感想はーーー
これかなり硬い!
ニューケントよりもさらに硬くて
平部分の高い所がハッキリ現れました!
平面の確認にとても重宝しますねー
流石に月山さんと尚さんが試行錯誤を繰り返し、メーカーまで巻き込んで妥協を許さず作りあげた砥石ですね😋
ナベキチみたいなモンでも砥ぐべき所がハッキリわかります

研承の硬さを実感したので
少し荒いかとも思ったけど
裏も当ててみました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

イメージ 4


意外なほど出来の良い裏に
乾杯しました(笑)

ただ裏透きのRを浅くしてみたので、深い所が当たり切ってません
ボカして、誤魔化してしまいまーす😋

そんなゴマキチでしたー(*゚∀゚*)

季節外れのBBQ🍖

きょうは良い天気でしたねー
ポカポカと春の気分を味わいました~
こう暖かくなると
いよいよBBQのシーズンっしよっ!

そうーバベキチっすぅーー(´∀`=)

疼くんだー
暖かくなると
肉喰いたくなるんだー

そんな欲求のなすがままに
夕方から網を準備して
炭を熾して
バーベキューの準備しましたー

目をかっぽじって良くよくご覧なさい
本日の食材はこれだー

イメージ 1


ご馳走が3つ!
しっかりムラなく焼きだれ塗ってます
この3つを順番に焼いていきましょう( ͡° ͜ʖ ͡°)
じっくりと中まで火が通るように
目標温度に達してから
10分ほど保持した後

口に入れるには熱すぎるのを感じて、思わず水の中へドボンした
次々とドボンしたー

その辺りの写真は
全く無い!(`_´)ゞ

せっかく取った数少ない写真を
見て下さい

イメージ 2

↑は焼入れ後、裏を押したもの
今までよりは少しマシな裏になったフンダー😆

最後の全員集合の記念写真

イメージ 3


左から
意外と糸裏な味切り
まぁまぁな裏になった小刀1
もう少しマシな裏を期待したのに
そうでも無かった小刀2

ほんとムズイっすψ(`∇´)ψ

さて、総括しながら寝ましょう
🛌💤

まだ雪降ってます☃

今日は雪大丈夫やろ~
雨雲レーダーでもカスルぐらいみたいやし、少々は雪降るかも知れんけど
まぁー辛抱して仕事出来るやろー
って北へ1時間ほど走った

現場の直前のコンビニで

戸惑った・・・
めっちゃ降ってるやん!

小一時間様子を見てたが
一向におさまる気配無し・・・

帰ってきたーー^^;

やっぱり無理です(笑)

イメージ 1

イメージ 2


この積雪の中で物置の組み立て設置は無理でしたー

あーーー
また、休みやん

外仕事は天気の影響が大きいっす

せっかく嫁キチさんが弁当詰めてくれたのに家で食べる事になりました~

食べないと怒られるっすᕦ(?_??)ᕤ

だーかーらー

昨日の続きだー!
先ずは昨日の状態

イメージ 3



ここからどこをどうすれば良いのだ?

本体の不要な部分は切り取るとして、中子をもう少し整えてしまおうぜ!
って事で、中子部分を火床に突っ込み赤めて叩き伸ばしてー
少し余分残して切断ダーーー

イメージ 4

タガネで筋つけて
もっかい赤めてーさらにタガネで
叩いてー
叩き切らずに少し肉残して
金床の角を使って
上に下にクニクニと叩くと

あら不思議~?

イメージ 5

別に不思議じゃないけどねー😆
表は

イメージ 6

ここで昼食アンド休憩ー
その間に焼き鈍しー
送風弱めで火床の温度が上がり過ぎないように気をつけながら
A1変態点を磁石で確認して
耐火煉瓦で火床を塞ぎ
3時間の簡易焼き鈍しだー

上手く焼き鈍しが出来れば
鋼の組織が柔らかい状態になって
削りやすくなるんだとー

まぁ深い部分はアレなんで
その後
こいつに想い描く形をけがいて
バンドソーとサンダーで切断!
そのままの流れで荒削り

イメージ 7

イメージ 8

ついでにアップもー

イメージ 9


と同時に
焼き鈍し終了して、整形待ちの小刀も鑢掛けー

イメージ 10

イメージ 11

裏は叩いて作ったけど、鎚後など凹凸があるので
それぞれ裏も整えてー

タイムリミットが来た!

ちょっとましになったかなー🤗

バレンタインっすね😆

そう!
世間はバレンタイン・・・

そんなタイミングで京都で仕事・・・

現場は京都市左京区北白川近辺
金閣寺より少し北
大原三千院よりまだまだ南
比叡山の麓だった

現場に到着し、粛々と作業の準備にかかるナベキチ
だが、その足元は
ほんの少し雪が残っている状態、
まるでナベキチの到着をまっていたのかとも思える
ほんの少しの雪化粧、歩く足型が綺麗に残る
かといって靴に染み込むほどでは無い

そんな中で足場に登り
各工程が終了して不要になった足場を解体しはじめたんだっふんだ

はじめて少しした頃
いっぽんの電話がかかってきた

『お疲れ様です!えーっと送って貰った地図通りにきたんですが
お墓しかありません!どーしましょー』って相手の声・・・^^;

すいやせーん、
墓地に案内してしまったナベキチです😆

まぁ、ボチキチですわー🤗

ちなみに電話の相手はパチコさんw

その後10分程でなんとか到着~

で、
ででで、
なんと!

チョコレートくれたんだ・・・
エーーーっと
ホワイトデーには何を贈ろうかなー💗

更に貴重な千代鶴貞秀作の切り出し小刀まで貸し出してくれた!

写真は無い!
だけど改めてゆっくり見ると
勉強になるー

連日ありがたい続きなナベキチ

もぅ。アリキチです!


そんなこんなで帰宅後、足場材を降ろし、明日の道具を積み込み
ちょっとだけ時間が空いたのよー

だ、か、ラー
自然と火床に火を入れてたんだー
そう!包丁の続きをしてみました

はたしてスプリングハンマーで上手く叩けるのか?
って事で、火床のコースに満遍なく火がまわるまでの時間で

中子と呼ばれる部分を作るために
バンドソーで切り込みを入れてみた!
危なかったー切りすぎるトコだったーー

切り込みが無い状態で鎚で叩いて中子を作ろうとしても、どうしても完成時の顎部分まで一緒に引っ張られてしまいそうで、鍛冶屋さんはタガネで縁を切るようだー

まぁー縁切りさえ出来れば良いだろうと言う単純な思考回路で
導き出した結果、バンドソーで切り込み入れたんです。

アカン文字ばっかりで
読み辛くなってきたぁ!

イメージ 1


携帯からの写真アップは見直し確認出来ないんだなー
だから間違いの写真かも・・
でも、続けるぞー

イメージ 2

おそらく少し叩いた状態の写真なはず・・^^;


イメージ 3

こうなってー

お!
最初の写真は
昨日の状態からスプリングハンマーで叩いてみた状態です

それからー

イメージ 4

こんなったーー(๑˃̵ᴗ˂̵)

んでんで

イメージ 5


少し伸ばしたー😃

やっぱり
スプハン最強!
手で叩くのと比べ物にならないー
めっちゃ楽でしたー

でもね厚みはと言うと

イメージ 6

まだまだです

まぁ。ボチボチやりましょー

美味しすぎるー菊姫ぇ~♪

どぉ~も
結構な積雪でニッチモサッチモどーにも・・・(-_-;)

前回の降雪よりはかなりマシですが、数日の降雪で
引きこもるしか無い
いわゆるブルキチですハィ💛
だがしかし!
今日はメッチャ美味しい爆弾がぁ~
イメージ 1

これさぁ
めっちゃめちゃ美味しいのさ~
癖になる味なのさ~

去年の年末に2s305師匠が送ってくださったんだけど

あーっという間に空になってしまったのさ~
だから2s師匠に聞いたのさ~
『あのぉ~菊姫おいしくてーまた飲みたいんですけどぉ~代金お支払いしますので
もう一本送ってぇ・・・も・ら・ぇ・・・・・・
って言いかけた所で

怒られたのさ(;^_^A
↑のナベキチの会話内容普通でしょー
でもね、ここからは2s師匠の言葉をナベキチなりに解釈して表現しますね~
『生意気言うんじゃない!あんたそんなに裕福な人じゃないでしょ!
無理をするんじゃない!気を遣うんじゃない!自分が気に入ってたヤツに喜んでもらうために送ったんだ!商売の為じゃないんだ!お金の為じゃないんだ!売りたい為の酒じゃないんだ!!味わって欲しいだけなんだ!お金で買えない貴重なものがあるんだ!』
長くなったな~wだけど、もっともっともっと伝わってきた表現しきれないほど伝わって来た!
ハッキリ言って2s師匠のような人間になりたいな~と思った!

なら、どうすればお返しができるんだ?・・・

ん~~~~~
わからんっす(笑)

あまり深く考えずにこのスタンスでブログを書いていくのも、そのひとつかも・・・

こんな記事でも楽しんでもらえるのなら
お安いごようでぃ!(`・ω・´)ゞ


しかし旨いなー
菊姫w
えとー
色々やったんだ~
例えば、手打ちの金床の移動とかー
最近どうも手前にこけてくるなぁ~って思ってたんだぁ

だから今まで手前の方に設置していた金床を少し奥へズラシテみた

写真無いけどね~
金床の周りの砕石の質量バランスで手前に傾くように感じたから
中央へ少し移動・・・
とはいえ約80kg・・・
ちょっと大変だっ(-_-)/~

でから、先日作った箸の首元に亀裂を発見した~
作業中に折れて落ちてしまうのは怖いので
溶接して少々肉盛りして補強した

その後
なにしよっかなーてなって
先日の小刀の裏だしもなんだかなー
なんだバカヤロウダンカンコノヤローコマネチ!
かんじなんで、包丁作ってみるかなー。。。って

気分と好奇心の塊でしょw

つーことで
イメージ 2

端材のSK3を少々叩いて形作ってみました
それと
包丁単品だけでは待ち時間が長すぎるので
小刀にもチャレンジっす
イメージ 3

左小刀、右包丁それぞれ鍛接終えて少々伸ばした状態
その後↓
イメージ 4
さらにちょっと伸ばした~
そして
小刀は予定の長さまで叩き伸ばし(写真ないわ~w)
包丁は・・・
ここまでだ↓
イメージ 5

ん~
厚みがあるから時間かかる~ぅ

小さ目のアジ切りを想定してたんだけど・・・
5寸くらいまで伸びそうな雰囲気がプンプンと~~

っま!
先ずは失敗から学びませぅ(●´ω`●)

2S305さ~ん
美味しいブツありがとうございま~っす(`・ω・´)ゞ



















やっとこ続き~

さ・・・寒いっす!
今日は急激に気温がさがってますねー

今日は一日中雪ふってましたー
そんな中足先ひえひえで

そう!
ヒエキチでしたー

早くお風呂に入りたいので
さっさ~っといこう
まずは~~~
イメージ 1
赤めて穴あけたやつー
イメージ 2
4番バッターと
キャッチャーが頑張ってくれたんだー
んで
イメージ 3
もう一度赤めて接点の平面調整しんです~
その後↓
イメージ 4
6mmのねじで固定して
イメージ 5

ナットの抜け止めのためにタガネでねじ山つぶして
口元の長さそろえて~♪
イメージ 6

よし!


かんせーーーーぃ
イメージ 7

これが意外なほど色々な厚み、幅の物を掴めるんですぅ~
いいのができたー(●´ω`●)

早速こいつを使って
小刀の続きを~~~
焼入れ、焼き戻しまでした後
イメージ 8

そぅ!
先日の左用になってしまった小刀もあるw
こいつらの表の切刃をざっくり削って
裏を整えようと
イメージ 9

裏だしに挑んだのですが
ココロオレマシタ・・・

この子たちはもともと行先決めて作ったので
鍛接不良が出てようが
裏が胃がんでようが
焼き肌が汚かろうが
バランスが悪かろうが・・・・~~~

行くとこに変わりはありません
数日のうちに発射することにトランプ大統領も了解済です

まことに残念ですが着弾されたかたは裏だしから頑張ってください!

ノークレームノーリターンですよ~w














やっとこさブログⅢ

やっと完成したーーぁ~~~

長かったーぁーーーーーーーーーー

ちょーきもちい(●´ω`●)
爽快っす!

おかわりでしょうが
否!おわかりでしょうが、ヤットコが作れたのだレレレのレー♪
あれ?国松さん??(前記事のコメント参照)

ん~~~~
見てほすぃー|д゚)
けど、クオリティーが低いから見せたく無い

おいおい!何のために写真撮ったんやぁ~見てもらう為だけやったやろ!つべこべ言うなぁーーー

えーーあの出来栄えで発表できんの~ありえへんわーまだやめとけー



などとヤトキチの背後左右から聞こえるんだ・・・

でも、良いんだ。
ヤトキチはまだ素人なんだ
頑張ったで賞を味わいたいだけなんだ

ここまでに失敗だらけだったんだ

可愛そうなほど首がもげたんだ・・・

奴らの為にも形になった物は発表するんだ!
ん?
誰?だれだれーー『黄色はやめろーーーー』ってさけんだ人w( *´艸`)

じゃもいっかい

奴らの為にも形になった物は発表するんだ!
そう!イソップ!のためだーー
ふりーむくなよ~ふりむくなよ~るるるぅ~らららぁ~♪

ってことで
コレ見て💛👇
イメージ 1

ちょっと見にくい写真だけど
全長500mmの口先が丸いヤットコだじょ~

これだけではアッサリしすぎなんで
味付けの為に少々経過を解説するぞぉ~

最初の最初、減刑・・・
なぜだ?
変換が・・・・

原型(👈これだ!)は写真無いw
いわゆる異形鉄筋ってやつでした~
D16だったかなぁ~
ちょっと太めなやつ~

それを叩いて叩いて~
叩き続けてさぁ~
嫌になった頃に フッと頭の奥からミュージック♪が・・・
《しあわっせなら鉄叩こ~♪》って聞こえて来たんだ~

考えた末


叩いた・・・

今までの失敗を考慮しながら
叩く場所のバランス考えながら~の打撃打撃!
ハンマー握っての連打なら
高橋名人超えた!ぜぃ!

まぁ完成出来ると思ってなかったので
写真がないわけです・・・(-_-;)

つーーーことで
イメージ 2

↑ジワジワと形になってきた
横顔もいっとくわ~w
イメージ 3

こやつらの交点?てきな部分はどの辺だ?
イメージ 4

この辺やろ~(´◉◞౪◟◉)じーー

これを基準にして交点に7mmの穴を開けようぞよ~
穴あけに必要なコイツの出番だ!錐?タガネ?ポンチ?
なんて呼べば良いのかわからないチームナベキチの4番バッター
イメージ 5

SK3の端材の先をトンガらかして
トッキントキンな4番バッター兼エース!
コイツの球を受けるのは
出来損ないのキャッチャーだ!
イメージ 6

ナベキチ本人がヤットコ持つのと
高橋名人を凌ぐハンマーを振るうので
出来損ないでもかなりの実力者なんだ!
きっちり受け止めてくれるんだ!
もちろん変化球にも楽勝で対応してくれる野球界では
要のキャッチャーだぞ!

メッキ処理されてる角座金や油まみれのナットを使って試験的に溶接して作ったので汚いね~(;^_^A


あ!
容量超えたみたいなので
続く~~~


超えたのは嫁キチさまの容量ね~
いそげーーーーー!!!






チキチキやねん(`・ω・´)ゞ

その・・・
あの~~~

やっぱりチキチキやねん
あのね~のね~~~~
昨日ね~~~
楽しんだんですわ~~~~~~~~~(笑)グフフ( *´艸`)

というのもぉー

超多忙なスケジュールの中、月山さんが楽園さんと共にチキチキ工房へ遊びにこられたんですー(⋈◍>◡<◍)。✧♡
月山さんには、昨年末から時間調整してもらっていて
その時点で『2月初旬ならなんとかなるかも』ということで
キチキチも調整してヨウヤクその日を迎えられました~
楽園さんにもかなり強引に日程調整していただいちゃいましたー(;´・ω・)

そんな事で、ナベキチの都合で日曜日に
なってしまいましたが、何とか御二人に都合を付けてもらい
工房のテストをしてもらいながら~の
切り出し小刀の作成をしてもらいましたのよん💛

キチキチとして課題がありまして
それは、限られた時間内で鍛接から焼き戻しまで出来るのか?という事と
現状の設備で何人まで受け入れる事ができるのか?
大きく2点が課題でした~

結果としてキチキチの中でヒトツ答えは産まれました!
でもそれはキチキチの秘密のノートに書き込んでしまいまちたw

なにより感じた事としまして
『ただ、火をおこして鉄を赤らめ叩いて形を変える事、ただそれだけの事がねぜゆえに?いかなる理由があるのか?楽しい💛

単純に言えば(おっさん三人が朝から鉄振り回してる)ただそれだけなんですが、楽しいんですねー不思議と(*´з`)
そんな一コマが↓
イメージ 1

↑これは月山さんなんですが・・・
顔うつってないね~(笑)
ちょっと男前すぎてさ・・・わかってよ(+_+)w

もぅしょうがないから
追加でもう一コマ
イメージ 2

こんな感じで「モクモクと煙立ち込める中、モクモクと作業に集中する御2人』見ていたモクキチも楽しかったぁー(●´ω`●)

一生懸命取り組む人の姿って見てる方もなんだかスッキリするもんですね~🎶

それぞれ何らかの結果をお持ち帰りになられた事だと思います。
詳しいことは知りません(`・ω・´)!w

気になる方は直接お聞きくださいね~~~w


で!
そんな姿に刺激をうけたモクキチ・・・
今日は昼から雨降りで~
外仕事は中止になったヒルキチ~♪

最近ず~っと箸作りばっかりで、
昨日の事もあって
どーーーーーしても鍛接したくなった(; ・`д・´)!
昼から必死で材料準備したぁ~
まずは地金に使う鋼材
イメージ 3

これはSS400の9mm×50mmを600mmの長さでバンドソーで切断したもの
これをバンドソーで縦に20mmと28mmに切り分けた
時間かかったぁ~
イメージ 4

次は鋼だぁ
過去の端材でSK3の余りものでそこそこの大きさのやつを
小刀ように叩いて伸ばして厚み減らして形整えて
それと、基本の練習ようにSS400の20mm幅の地金に
ある方を通じて購入した白紙2号の19mm×3mmの鋼を
長さ30mmに切断した物を準備した
イメージ 5

それぞれを思い切って鍛接開始!
イメージ 6
ここでヒトツ感じた事が有った!
あくまでもナベキチ主観なんですが、
鍛接面、鋼、地金、それぞれの表面が綺麗過ぎると鍛接しにくいような気がしたー(-_-;)
3点ほど思い感じる点があるんだけど
もっと検証してからじゃないと記事に書くのは嫌なんで
確証が得られたら書くことにさせてもらうっちゃ💛

えーーーっと
必死で作業してたんで
詳細な報告できません・・・><;

ちゅーことで
基本練習用の幅19mmの小刀の鍛造終了したやつ↓
イメージ 7

それと
ちょっと幅広な地金幅27mmに合わせて鋼作った大きめの小刀の
途中経過
イメージ 8

それぞれの写真の片隅に
実は作りかけの箸が写ってたりしますw

それからー
月山さん!
その後の経過と刃先の状態について教えて下さりありがとうございます!
やはり、温度管理の大切さを実感いたしました。
経験が少なくロクなアドバイスもできず申し訳ない次第でございますが
昨日より少しでもいい刃物を作れるよう精進して参ります^^
『お土産に頂いたマドレーヌかな?嫁キチ喜んでおりました~お気遣いありがとうございました~』
また、楽園さんにはいつも深いご配慮頂きまして申し訳ありませんです
^0^

今回の鍛接成功っぽいブツを次来られ時に焼き入れして楽しみましょうね~~~~w

あとセッカクなので記念の写真あげます(/・ω・)/
イメージ 9
では
今日はこれまで~
また続き書きますね~(^^♪




プロフィール

ナベ吉

Author:ナベ吉
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR