新年会の全貌

お待たせいたしましたー!
待たせた分お見せ致しますよー🤗

まずは、時系列に沿って解説します!
あくまでもナベキチ主観でござりマッスル

まず、その日・・・1/28土曜日
ナベキチは朝からとある小学校の
耐震診断のサンプル採取の為に
普段ならば30分もあれば到着するであろう現場だが雪の影響を考えて1時間前に家を出た~


え?
なに?
そんなこと聞きたく無いってか~



しょうがない、端折ります😃


デ!
予定では17時に三重県のとある刃物屋さんに到着するつもりだった

しかし、思いの外仕事が手間取ってしまい月山刃物屋久保店に到着したのは、すでに19時を過ぎていたのだ・・・

『遅くなってすいやせーん』って言いながらお店の扉をあけると
新年会開始どころか、まだ皆んな思い思いの刃物を砥いでいるのだったー

『これは、待たしてしまったから時間潰しの為に砥いでいるのだ』申し訳ないなーっと
皆んなの砥ぎを見ていたのだか・・・
1時間経っても皆んな砥いでいる

こんな光景はあり得ない!(◎_◎;)

ですので~
喉が渇いたナベキチは
買って来たビールを飲み始めた・・・~

それから30分後
天然砥石尚さんの乾杯の音頭から
いよいよ変態のプレイが開始された、🔔

今回は、アルコールを飲む人と
飲まない人が約半数ずつ
ナベキチは以前からご一緒したかった憧れのカズケン大師匠と酌み交わす事が出来たのだ🍶

一緒に行った千代鶴大工さん改め【クー大工さん】はアルコールが飲めない訳ではないが、それほど飲みたいと思わないらしく
ひたすら例の物を飲んでいた
それは

イメージ 1


おーーーぃ!
めっちゃ美味しい刺身や寿司🍣やん
オレンジで行く気かー?
などと、至極冷静に状況を観察していたのだ!

だが、、、
摩訶不思議な事に

ここから先の記憶が無いのだ!
おそらく地球外の何者かに連れ去られ研究資料として解剖されたのであろう

実はナベキチ過去に2回はっきりとUFOに遭遇している。
今回は機体こそ目撃してはいないが、きっとキャツラの仕業なのだ

気がついた時は、暖かい布団にくるまっていたのだ!

きっと宇宙人から解放されて
命からがら月山さんの元に帰ってきたナベキチを見つけた心優しいNo,85氏が寒そうだと布団を掛けてくれたのだろう

まさに彼は布団もかぶらすナベキチのベットで安眠していたのだったー

目が覚めたのは9:00!
ものすごく違和感がある?
なんだ?
違和感と言うより倦怠感というか

兎に角身体が火照っている

立ち上がろうと試みるが
足に力が入らない!
宇宙人のヤツ足をやりやがったな

なんとか寝転がった状態で
気を集め足に注ぎこみ
立ち上がれるようになった
W(`0`)W

だが、この辺りの記憶も定かでは無いのだー
しかし、せっかくの集いを記録に残そうと必死に携帯のカメラで
映した写真が下の2枚
よく見て頂きたい!
では








イメージ 2

イメージ 3


何故か?
何故なんだ?



大工さんは左前が見えないのか?

縦に並べて駐車されている
2人の大工さんの🚗

共に左前が凹んでいたのだよ
わかるかいワトソンくん!

えーーーっと
記憶が無いのは
本当に怖いって話し伝わりましたかねー?

ナーーーーンにも知りません
こればっかりはどうしようもないです!




でもね
これだけはゲットして来ました!

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


なーーんか日曜日は一日中砥いでいたようです。
宇宙人👽が何かしたんです。
砥ぎが楽しくなったみたいで
基本とする#1000はコレにすると
言ったみたいです。

以上世にも奇妙な新年会の詳細でしたー
皆さんホントに◯◯◯でしたー
(笑)
特にカズケン師匠
と、SGさんと、月山さん並びに奥さま、尚さん、楽園さんにパチコさん
さらに神戸からお越しになった
ベニさん、それから美味しい料理を作ってくださったAさん
それとー最後まで送り届けてくれたクー大工さん、ありがとうございました🤗


次は?次はどこで呑みますかーああああ~
スポンサーサイト



今日もヤットコ・・・(-_-;)

いやさ
どうせやるならかっこいいの作りたいっしょ
鼻くそねすくったようなやつ嫌でしょ!

もっかい①からやり直しっす^^

まぁ
あれですねぇ~

モカキチです(^^♪
今日は少し早く終われたので
急いで帰って
ヤットコに再チャレンジした

ただ、今まで使ってた鉄筋は10mm
そいつは品切れだった・・・
破片はイッパイあるんだけどね~(@^^)/~~~

『あ~あぁ・・いよいよ25mmの鉄筋叩いて細めて使うしかないかな~』
なんて思いながら鉄筋の山をほじくると・・・
『あった!』
16mmの鉄筋が出てきた~~~🎶

ちょっと長いのでサンダーで切ろう・・・ギュィーーーン~

ん?

火花の出方が派手やん?
これSS400ちゃうんか???

取り敢えず切断してから
確実にSS400な鋼材にグラインダーを当てて比べてみると

絶対違う

分かった!
この鉄筋SCM435やー

となると・・・・
昨日のやつは・・・ってことで
昨日のヤットコの火花見てみると
これもS400Sより破裂が多い

な~んだ
この辺全部SCM435やったんか~

確かにチョット硬いな~と思いながら叩き始めてたけど
叩きだすとそれが基準になって
硬いとか柔らかいとか知ったこっちゃなくなるー

今思い返すと
確かに硬い感触だった

SCM435は炭素が0.33~0.38入っていて
クロムやモリブデンが添加されている
いわゆる合金ってヤツで
焼入れ温度は850℃となってる
さらにSS400より強い鋼材みたいだ~
これヤットコに最適やん(⋈◍>◡<◍)。✧♡

つーことで
気持ち新たに叩いてみた
イメージ 1

途中でタイムアップーーー
右端(訂正・左端)のはSS400の丸鋼を積層しようと折り返し1回したやつー
カイサキどこだったっけ?
イメージ 2

画像の中にカイサキがあるはずなんですが
わかんなくなっちった~
これは良いことだ~

鍛接の練習にもってこいだーー

でもぉ
SS400だけ鋼材重ねても積層模様ってでるのかな~

でもぉでもぉ~
余った端材捨てるの勿体ないし
どんどん重ねて地金に使いたいなー

これもまた楽しみウフフ







ヤットコとカナトコやねん

まぁねぇー
簡単じゃないわねー
分かってるけどここまでヌズかしいとは・・・

何本ちょうせんしたんだろうか???
おそらく10本はトライした
だけど、本当にぬㇴㇴづかっしいんだーー

つーことで
今日はヌズキチっす(^◇^)
いやね
なんだかさ
大雪なんだ!⛄
イメージ 1
こんなの初めてっス!
外に出る勇気も根性も生憎持ち合わせておりません・・・

だから、そう!こもりましたYO~( ´∀` )

だってね数日前から火箸(ヤットコ)作りに挑戦してるんですが
まぁ
上手くいかない事・・・(-_-;)

ナンか知らんけどさ
Rがアルよねー
そこを一生懸命作ろうと赤めて叩いて
やってるとさぁ~
口がもげちゃうんです
Rを作ろうと叩いてるうちに口先が振られて
境目にヒビがはいるのよー
それも
ようやくいい感じのRが出来たーー
ってなった時に
ちぎれるんだ・・・(笑)
これほんとだよ!
3本ちぎれたもん

最後のヒト叩きでパラン・・って落ちるんだわ

色々と考えながら挑戦の繰り返し
良い感じで出来たと思っても
超薄々になってたり
赤めるとなぜか実際より少し厚く見えるんだ
『まだ大丈夫だろぅ』って思いながら叩いていくと
冷めた時には・・・『うっすーーー』ってなってんねん( `ー´)ノ
色々試行錯誤しながら
なんとかつかえるかな???ってのが出来たのが↓
イメージ 2
ん~~~~~いびつっすw
イメージ 3

いままで交点部分は錐で穴開けてたんですが
今回はポンチ・・・ちんぽちゃうで~(;´・ω・)で穴開けて
カシメてみたんだけど・・・
そのカシメがナンダカナー(あとうかいです)

イメージ 4

鼻くそネチクったみたいになったぞ(笑)
もっと綺麗に出来たヤツをUPしたかったけど
これも苦労の記しということでね~w
すぐアカンようになるやろけど
取り敢えずはこれを使いますぜ

だってよーやくここまで出来た物なんだから
愛着極まりないっすよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

それと、
もひとつ作ったものがアルにだ

それはね、
まずは叩き方の練習をしようと
このところスプリングハンマーを使わずに
手打ちで頑張ってるんだけど赤めて叩く、赤めて叩く、ひたすら叩く~~~ってやってると、やっぱり金床が沈むんだ
それも変な角度に沈むんだな~
何とか調整しながらやってたんだけど
調整してるうちに鋼材が溶けてしまったりして
また、高さが下がって角度を付けた物を叩こうとすると
外周のブロックでつっかえたりしてどーーにも不便になってきた

そこで!(*´з`)
先日現場で余ったSS400の切板を5枚溶接して
イメージ 5
イメージ 6

写真下に打撃面にS50Cの生材を溶接した
しかーし!
普通に使うゼロードの溶接棒(Z-44)だったかな?
で普通にそこそこ溶接したら
簡単に外れたぞ!
溶接部分が割れたかんじで
綺麗にはがれたw

こんなことは初めての経験です

こまったコマキチは
LBの溶接棒を使ってみた
なんと!
ふつうに着いた
なにが違うのかコマキチにはわからない
LBの溶接棒は低水素系なんちゃらかんちゃら・・・
そしてアークが出にくく溶接棒が母材にすぐ引っ付くんだ

昔からココは大事って所にはLBの溶接棒を使うのが
なぜか有った
なぜだかわからないけど

なにかアルのだなって初めて思った( ´∀` )

んでんで
SS400の切板は200×400㍉で厚みが22ミリ
計算では一枚当たり約13キロ
それを5枚重ねると・・・・・・・・
65kg!
まじ重いっす!
ぱねぇっすよオジキ~
それにS50C125×250厚み30が引っ付いて
約75キロぐらいになってしまった~

がんばったよ
手で動かしたよ
穴ほって埋めたよ♪

イメージ 7

25㎝埋めたよ
こいつでヤットコ叩いたよ
やっぱり安定感スゴイね(●´ω`●)
叩く場所が偏ると少々変な沈み方したけど
ちょっと調整したら
なんと安定~

焼入れしてないS50Cだけど
しばらくはコイツが相棒になりそうです
変形がひどいようなら
ガスで炙って表面だけ焼き入れしてみよう

ってことで
外は寒いけど
火床の炎で一人ホクホクな
ナベキチの楽しい一日でしたー





煙突だけでも変わるもんだなー

その通しです😃
今日は煙突を繋いだんです
横向きに約5Mほど引っ張る必要が
あるので勾配に悩んだのですが
とりあえず30センチの勾配をとってみました~
スパイラルダクト150πを切り刻んでビスで留めて・・・
上から寸切りでぶら下げて~
気になる繋ぎ目はアルミテープを
貼り付けてー
張り切ってやりましたー!

そう!今日はハリキチなんです😃

そんなハリキチが繋いだ煙突は~
メッチャ暗くて見にくいけど
こちらになります⬇

イメージ 1


ゆるい勾配ですが
今までとは比べものにならないぐらい煙たくなくなりましたー🤗

ダクトの温度も予想外に低かったので、しばらくこれで様子みます

せっかく試験運転するのだから
箸作ろうとss400の24ミリ丸鋼を
50センチに6本切って
叩いてみたのですが、コークス切れで中途半端に終わりましたー

せっかくとある先輩に色々アドバイス頂いたのに、結果が出せず情けないっすー

まぁコークスも意外と使うものですねー
全て勉強です!


それから砥ぎ場や煙突など必要な設備が少し整いだしました😊

ですが、作業を始めてやっと気づく必要な道具や設備がまだまだあります

先日、天然砥石尚さんのご好意で
大量のコークスと、さらに
尚さんが使っていた金床を
持って来てくださりました!
ありがたくそのまま使わせて頂いているのですが、もう少し大きな床をのんとかしたいなーなどと思ったりして妄想膨らませてます

また、スプハンで裏すき作れる上金敷欲しいなーーー( ^ω^ )
っと思ってたら
な!な!なんと!
スプリングハンマーのメーカーである
寺澤鉄工さんから
『刃物作り頑張って下さい』と
スペアの上金敷を譲って下さったんですよー🤗

イメージ 2


今使ってる上金敷より高いので
R付けて削り落として、焼入れしてから使うことになるのですが

本当にありがたいプレゼントです🎁
なんと気前の良い人なんだー!
寺澤さん、ありがとうございます!


加工に時間かかりそうですが
大切に使わせてもらいます❗


更に、新潟から地金と白紙2号とヤットコが~
マサヤさんありがとー🤗

2s師匠からはものすごい工具が!
丁寧に手砥ぎで研がれた先端が蝋燭型の鉄工ドリルと超硬のエンドミルー
そのエンドミルは焼入れした青紙よりも、
いや!比べものにならないほどの
HRC硬度がある
なんと!HRC95だそうだ!?
うる覚えだーーー🤣

センがわりに少し擦ってみたら
まぁー削れること!
この超硬でセン作れば
凄いような気がするー
けど、そんなに簡単なものでは無いのねー

そんなこんなで感謝感謝な
充実した日曜日を過ごした
ハリキチでしたーᕦ(?_??)ᕤ

砥ぎ場を設置したよー

写真は1枚だけです(笑)
出し惜しみなく発表!

イメージ 1


屋外に置いていたガタガタで腐ったシンクの骨組みをアルミのアングル等を使って組み直し
室内へ設定
排水管が細くて少し心配だけど
まぁええやろー😆

あと関係ない写真だけど
せっかくだから貼っときます

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ほんじゃおやすみなさいー😌

やっとこさブログⅡ

えーーーーっと
先日の記事の題名とあまり変わりませんが・・・

あえて変えなかった訳があるんですね~w

だーーーーれも気づかないみたいなんで
自分で言いますよーー


ヤットコにかけてるんです・・・

まぁそんな事大した事じゃございやせん(V)o¥o(V)

もっと大変な
チョンボが起こってしまったのです

それは~~~

今日も朝から気合を入れてヤットコ・・・箸!を完成させようと
赤めては叩き赤めては叩き進めていたんですが・・・
出来たヤツ見るとさ


どーーー見ても『右右』なんですよねー

やってしまった・・・
ここから叩き直すと超ウスウスになる・・・
〇ンドームなら薄いほうが良いみたいだけど
箸は薄いとすぐに曲がってしまう
グリップ力が無くなるんですねー

口が開いてくるんですねー

だから・・・
やり直し!
そうやり直すしか無いんですね~
って事で
もう3回目のやり直しっすw


箸作るのって、小刀つくるより難しくないすっすか?
意外と複雑なRがあったりして
角度を調整するのがカナーリㇴズイっす

そんな所で悪戦苦闘しておりまして
平箸に丁度良い丸鋼が最後の一本・・・
何とか形が出来た所で長さをちじめるため

サンダーで切ったんだ・・・

良い所で上手くきれたんだ・・・

で、切れたやつを掴んで・・

ジューーー♪

あっつあつやんか!

素手で掴むヤツちゃうやんか!

どんな罰ゲームやねん!

うっかりさんです
つい、掴んじゃいました・・・w
さっきまで赤めて叩いてたヤツ
切るまでは長さがあったから端っこは素手で掴んでも
温かいな~くらいなやつ

だが、切ったら
その分熱い所を持つことになってしまうわね(-_-;)

大切な箸ですからシッカリガッチリ
掴んで移動しちゃいましたぜぃ~

まぁなんと香ばしいカホリ( *´艸`)
アロマっすね

ってことで、今日はアロキチっす(笑)
そんなアロキチが叩いた途中経過の箸は
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

へたくそっすねー( ´∀` )

もっと修行しまーーーーっする(´◉◞౪◟◉)

同時進行で小刀も練習~♪
前の小刀より一歩前進だ
カイサキ部分がほんの少しましになった

叩き終わりの温度を考えて
今までよりも早く、赤いうちに再加熱するようにした
温度が低くなっても叩き続けると
軟鉄は動くけど鋼は動かなくなるんだね
するとどうしてもカイサキ部分に負担がかかる

シールをはがすのと同じ原理っすね
端っこから捲れてくる

ちゃんと着いてないってのも有るけど(;´д`)トホホ

その辺に注意して火造り進めた小刀を
鑢掛けしてみたんだ
イメージ 4

イメージ 6

イメージ 5

でもやっぱりマダ開先目立つね~

ここからもう少し鑢かけて
焼入れの準備~🔥
ほんの少し地金側に反らせて
焼きなましだーー
イメージ 7

このまま火床を耐火煉瓦で全面囲んで
送風止めて(^o^)ノ < おやすみーだ

上手く出来ようが出来まいが
知ったこっちゃないヽ(`Д´)ノプンプン

でも、ここまで手かけたヤツは可愛いんですぅ

つーことでアロエ軟膏塗って
(^o^)ノ < おやすみーしまーーーーっす

アロキチな

ナベキチでしたーーー(@^^)/~~~

やっとこさブログ更新です

皆さんお元気ですか~
ナベキチはちょっと疲れ気味っす(;´・ω・)

だってね、今の現場がくっちゃくっちゃなんです・・・
急ぎの工事ってことは重々承知なんだけどね
我が物顔で仕事して、他業者の事お構いなしに廃材の山を作ってる
変な解体業者・・・
さらに、電気の線を迂回したり残す分は養生してたりしてるのは
わかるけど、丁度あたまの高さとか首の高さにぶら下げたまま
放置してる電気屋とか
猫背で下しか見てないガードマンとか

もぅ他者の事はまったーく考えないアルバイト作業員みたいなヤツだらけで
その中で仕事するのはキッツイ!
あいつらいつかそっと鼻くそ着けたる!っと心に誓う



いわば愚痴愚痴な
グチキチ

ナベキチっす
ワッショイ(/・ω・)/
しかし
なんでこんなサブイんや~!

とうとうウチの方面もまーーーーっ白になるほどの お雪ちゃんが

イメージ 1

これは昼2時頃の写真っす
今日は超急いで帰ってきてやったぜw

お土産も200kgほど頂いたぜぃ!
そのお土産の写真は・・・・・・・・・

いっさい無い!

目測ではSS400の鋼板22mm×200×400が11枚
同じくss400、22×550×550が2枚
SCRM435のアンカー筋25Φ700くらいのが40本ほど
SNR490Bのアンカー筋25Φ200くらいのを20本ほど

合計の重さが適当な計算で300kgぐらいかな?

全部余りものなんだってさ・・
もったいないよねー

SS400の切板は溶接して重ねれば金床として使えそうだ!
SCRMは・・・炭素量は少ないが合金鋼の部類で
なかなかの硬さがある!
赤めて叩いたがS45Cより硬くないか?って思うくらいの硬さだった
ただ、冷めるの早い!
極軟鉄と同時に火床に入れて同時に取り出しても
みるみるうちに黒味がかってくる・・・

えーーーーっと
むかつくから、しばらく火床にいれたままホッポいたら
溶けとった~~~~~(笑)
たしかクロムとタングステンが少しだけ入っていたような
そんなことないような(*_*)

青紙に近い材質なのかもしれませんね~

赤めた素材を切断するためのタガネにはいいかもっす(笑)

それから、SNR490B・・・
これは柔らかそうだ
炭素量がSS400よりも少ないことになっている
ただ、マンガンが以上に多いんだ
それ以外はリンも硫黄もSS400よりも少ないようだな
マンガン・・・

8000点か?


どうも粘り強いのかな?
研磨しにくい材質なのかなぁ~

研磨性が良ければ地金にうってつけなんだけどね~

所詮廃材ってとこでしょうかね~(+_+)


でも、練習にはなるでしょぅ!
また写真撮っときますね

そんなこんなで少し早い時間に帰宅したナベキチは
『雪降ってるしなーー、外には出たくないしなーーー煙突は外に出るし無理やなーーー集塵設備は・・・・・・煙突繋いでからどの程度の能力が必要かを考えないと意味ないしなーーーー』
ってことで
小刀作るしかないなーーー
あ!箸!ヤットコね
箸(やっとこ)も作らなアカンしなーーー

寒いしちょうどええやんなーーー

火つけるぜーーー
コーーークス燃やして温まるぜぃ( ´∀` )

って事になるんだわさw

ただ、火を使いだすと何故か写真が撮れなくなるんだ
鋼じゃ無かったら余裕あるはずなんだけど
どーーーしても赤まった鉄を見ると
叩きたくなる!ぺしーっぺしー!

なぜなんだろう?
これは考えて答えを出す必要性が無さそうだね

ってことで、唯一の写真がこれだ!






3!
イメージ 2

楽園さんのお土産のハチの巣で箸、やっとことも言うを作ってみようと頑張ってるところだよ
(*´з`)

3時間頑張ったけど・・・
やっぱ図かしい・・・
キーボードのタイピング間違ったけど
難しさがよく伝わりそうなのであえてこのままにするっすぅー


あーーーー
鳩の鳴き声みたいになっちゃいましたね~


そんな事して
普段しない勉強したりしてるフリしながら
妄想わくわくw

そんなナベキチは
実は・・・
ここだけの話にしてね


邪魔な電線ぶった切って
邪魔な廃材蹴り飛ばして
邪魔なヤツに膝で太もも蹴りながら
自分中心に仕事してまーーーっすw

かなりわざとらしくキワドイところだけど
やったったらええね~~~んw
忙しいふりしてストレス発散!

この辺上手いんですYO~w


つーーーことで
明日もお家でホニャララしましょうね~



 


新年の焼きぞめ🔥

あっはっぴーニューイヤん💕

あのねー
誤解が無いように
声を大にして言いますがー

こんな変わり者でも
今年こそ新年、三ヶ日は静かに過ごそうと心の奥にインプットして
迎えた本日1月2日㊗
なぜだか朝5:37分に目が覚めて
しまいました、・・

悔しいっす!
そして、おかしいんです
数年前までは、寝ても寝ても
寝足りなかったのに、
最近は寝れないんです(涙)

なんだか、ステテコ新聞配達待ちオヤジの気持ちが少しわかるような気がしてなんだかセンチな・・・
(センチって単位でしょ?)
『ん?アナタ単位しか思い浮かばないのですか?・・・それは無いベー、なーぃーべー、なーべー』

ってことで、年明け早々
迷いましたが、ナベナベな
そのまま、ナベキチですねー🤗


『隅々の 間を焼き尽くす 炭火かな

んーーー良いですやんかー
隙間なく燃え上がる
いわゆる闘魂の表現ですよー

イメージ 1

イメージ 2


そうなんです!今回はコークスじゃなく炭なんです(*´◒`*)

この炭火で何をしたのか?


それは野暮な質問です!
決まってます

お餅っす(笑)

表面に醤油塗ってー

網子の上で焼いてー

イメージ 3


なかなか焼けなくて痺れを切らしてしまったナベキチは
炭火の中へほりこんでしまったんです(☝ ՞ਊ ՞)☝

イメージ 4


香ばしい芳ばしいにほいが漂ってきたところで炭火から取り出した
ところ、、、
熱すぎて・・・
思わず横に有った水槽の中にドボンッ!

(ジューー ブクブクー ブックんぽっくん シューーー)

漬けてしまったんです

ダメですね
緊張感が無いと
やってしまったと焦り
水槽から慌てて取り出した

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


お餅ですがー
あまりにも硬すぎたので
これならイッソ硬揚げに!って

油溜めたホットプレートに掘り込んじゃいましたー

イメージ 9


ブクブク~っと約1時間ほど揚げたら、少し冷ましてから~
オコゲを削り

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


柔らかいモチモチな部分と
少し硬い部分が見えてきましたー



裏は見せません!

せっかくの美味しいそうな表が
残念になってしまいますので



そんなこんなで、他の準備は放ったらかしで、欲望に支配されてる

実はヨクキチな
ナベキチでしたー


こんなナベキチですが、どうか皆様、本年も当たり障りのないお付き合いの火床・・・

否!

ほど!宜しくお願い致しまーーっ
ーーーす(●´ω`●)

プロフィール

ナベ吉

Author:ナベ吉
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR